【SEMAショー14】マツダ ロードスター 新型にレーサー…2016年からワンメークレース開催へ

自動車 ニューモデル 新型車

新型マツダロードスターの「グローバルMX-5カップ」参戦マシン
  • 新型マツダロードスターの「グローバルMX-5カップ」参戦マシン
  • 新型マツダロードスターの「グローバルMX-5カップ」参戦マシン
  • 新型マツダロードスターの「グローバルMX-5カップ」参戦マシン
  • 新型マツダロードスターの「グローバルMX-5カップ」参戦マシン
  • 新型マツダロードスターの「グローバルMX-5カップ」参戦マシン
  • 新型マツダロードスターの「グローバルMX-5カップ」参戦マシン
  • 新型マツダロードスターの「グローバルMX-5カップ」参戦マシン
  • 新型マツダロードスターの「グローバルMX-5カップ」参戦マシン
マツダの米国法人、北米マツダは11月4日、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー14において、新型『MX-5』(日本名:新型『ロードスター』)のレーシングカーを初公開した。

このレーシングカーは、マツダが2016年から開催する「グローバルMX-5カップ」の参戦マシン。マツダは新型ロードスターのレーシングカーを使用し、北米、欧州、アジアの世界3大市場で、新たなワンメークレースシリーズを立ち上げる。

現時点では、グローバルMX-5カップの参戦マシンの詳細は明らかにされていない。ただし、搭載エンジンは、北米市場向けの2.0リットル直列4気筒ガソリン「SKYACTIV-G」に決定。市販車をベースに、最低限の改造が施されるもよう。ホワイトのロールオーバーバーが追加されているのが、見て取れる。

今冬から、マツダモータースポーツは、車両の本格テストを開始。2016年のグローバルMX-5カップ開催に向けて、タイヤやサスペンション、エンジン、安全装備などの設定を煮詰めていく。2015年内に、マシンの最終スペックを公表し、参加募集を開始する予定。

レース初年の2016年末には、北米、欧州、アジアの上位入賞者を集めて、米国ラグナセカにおいて、「グローバル・シュートアウト」を開催する計画。「新型ロードスター使い」の世界一を決める。世界チャンピオンには、現在のマツダの最高峰モータースポーツ、「チュードル・ユナイテッド・スポーツカー選手権」のSKYACTIVレーシングカーを、テストする機会が与えられる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集