ふぁんじゃぱん、クアラルンプールに日本製商品の店舗をオープン

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア(参考画像)
  • マレーシア(参考画像)
ふぁんじゃぱん(本社・東京)は、クアラルンプールに日本の商品やサービスを提供する店舗「メイドインジャパン」をオープンすると発表した。

店舗はアジア域内における発信拠点として、マレーシア人やマレーシアを訪れる外国人を主なターゲットとしている。食品、工芸品、雑貨などを提供する。2015年初頭に竣工する。

今回、マレーシアが親日国であることや経済成長も著しいこと、国教がイスラム教でありイスラム市場の玄関と言われていることからマレーシアを出店先に選んだ。同店舗に出店する商品に関して商談会を11月11日に東京で開催する。

ふぁんじゃぱんは、日本の伝統や文化、食材など「メイドインジャパン」にこだわった商品の小売事業、海外市場におけるマーケティング、海外進出に関するコンサルティング、広告・メディア事業を行っている。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース