JAL、スマートウオッチ活用が評価されアワードを受賞

航空 企業動向

JAL、iBeacon&スマートウォッチを活用した空港旅客業務の先進化の取り組み
  • JAL、iBeacon&スマートウォッチを活用した空港旅客業務の先進化の取り組み
  • JAL、iBeacon&スマートウォッチを活用した空港旅客業務の先進化の取り組み
日本航空(JAL)は、「iBeacon&スマートウォッチを活用した空港旅客業務先進化の取り組み」が「フューチャー・トラベル・エクスペリエンス・グローバル2014」のベスト・イニシアチブ・アット・ザ・ゲート・アワードを受賞した。

この取り組みは、「チャレンジJAL宣言」の第3弾として2014年7月から実施した。iBeaconの位置情報検知機能を有効活用することにより、搭乗ゲートのJALスタッフの配置状況の把握が可能となり、効率的な配置を実現するとともに、顧客の要望にスピーディーに対応できるようになったことや、スマートウォッチの機能を活用し、JAL便の運航状況や、鉄道・バスなど、空港アクセスについての運行状況などの情報を入手することで、乗客へスピーディーな情報を提供するなど、サービス向上を実現したことが評価された。

同賞はPPSパブリケーションズが運営するフューチャー・トラベル・エクスペリエンスで、搭乗エリアにおいて最も優れたサービス向上の取り組みを行っている航空会社に授与されるもの。

同社は昨年度のベスト・ユーズ・オブ・モバイル・テクノロジー・アワードに続いて2年連続の受賞。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集