国交省、11月をトラック運送事業「サーチャージ導入・価格転嫁」強化月間に

自動車 社会 行政

燃料価格転嫁促進について(国土交通省資料より)
  • 燃料価格転嫁促進について(国土交通省資料より)
国土交通省は、11月をトラック運送業での「適正取引推進(サーチャージ導入・価格転嫁)強化月間」に設定して活動すると発表した。

トラック運送業での「燃料価格転嫁促進」、「適正取引の推進」のため、11月を「適正取引推進(サーチャージ導入・価格転嫁)強化月間」と設定し、荷主とトラック事業者の適正取引を推進するため、サーチャージ導入や価格転嫁を強力に推進していく。

期間中は、各地方運輸局・運輸支局で定期的に適正取引推進説明会を開催するとともに、各地方運輸局・運輸支局職員が出張説明会も実施する。

トラック事業者と荷主の交渉の場や、トラック協会が設定するトラック事業者と荷主の交渉の場に、各地方運輸局・運輸支局職員が、適正取引推進(サーチャージ導入・価格転嫁)について説明する。

同時に、トラック協会で原価計算など、価格転嫁交渉に必要な知識について周知するほか、サーチャージ導入や価格転嫁についての相談窓口の再周知を図る。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品