ダイムラー、メルセデスの独2工場に投資…次期 スプリンター 生産へ

自動車 ビジネス 企業動向

メルセデスベンツ スプリンター
  • メルセデスベンツ スプリンター
ドイツの自動車大手、ダイムラーは10月21日、ドイツ国内の2工場に投資し、次期メルセデスベンツ『スプリンター』の生産に備えると発表した。

スプリンターは、最大積載量3.5トンクラスの欧州商用車のベストセラーモデル。2代目に当たる現行型は、2006年に発売された。スプリンターには、バン、ピックアップトラックなど、用途に応じたバリエーションが豊富に用意される。

2013年5月には大幅改良モデルを発表。フロントを中心にフェイスリフト。グリル、ヘッドライト、ボンネット、バンパーのデザインを一新し、モデルチェンジを受けたように大きくイメージを変えることに成功した。

ダイムラーは10月21日、ドイツ国内の2工場に投資し、次期メルセデスベンツ スプリンターの生産に備えると発表。具体的には、デュッセルドルフ工場に3億ユーロ(約410億円)を投資。工場を拡張し、スプリンターのマザー工場に位置付ける。

さらに、ルートヴィッヒスフェルデ工場へ、1億5000万ユーロ(約205億円)を投資。同工場では2006年から、スプリンターを組み立て。投資により工場の設備を改修し、次期スプリンターの生産に備えるとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集