フォード フォーカス にドライビング・サポート・システム搭載モデル…既存モデルは値下げ

自動車 ニューモデル 新型車

フォード「フォーカス」に追加グレード
  • フォード「フォーカス」に追加グレード
フォード・ジャパン・リミテッドは、フォードのコンパクトカー『フォーカス』にドライビングサポートシステムを搭載した機種「スポーツ・ドライバー・アシスト・パッケージ」を追加し、11月1日から発売する。

現行フォーカスは「Sport」のみの1機種のラインアップとなっているが、今回2機種展開となる。

今回、追加する機種は、縦列駐車時に超音波センサーで駐車可能スペースを検知し、ステアリング操作を自動で行う「アクティブ・パークアシスト」や、前後の障害物を知らせる「フロント&リバースセンシングシステム」を装備する。

また、前方を走行する車両と一定の車間距離を保ちながら、設定速度に沿って加・減速を自動で行い、長距離走行時、ドライバー負担を軽減する「アダプティブ・クルーズコントロール」も装備する。

新機種追加に伴ってSportの価格を286万円と約15万円引き下げる。スポーツ・ドライバー・アシスト・パッケージは307万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集