若桜鉄道の上限運賃変更が認可…実施運賃は据置き

鉄道 企業動向

若桜鉄道が申請していた上限運賃の値上げは10月20日に認可されたが、当面は現行運賃を据え置く。写真は若桜鉄道の若桜駅。
  • 若桜鉄道が申請していた上限運賃の値上げは10月20日に認可されたが、当面は現行運賃を据え置く。写真は若桜鉄道の若桜駅。
国土交通大臣は10月20日、若桜鉄道が申請していた旅客運賃の上限の変更を認可した。今年4月1日の消費税率引上げに伴うもの。実際に設定する運賃(実施運賃)は当面変更せず、現行運賃を据え置く。

若桜鉄道は、郡家(鳥取県八頭町)~若桜(若桜町)間19.2kmの若桜線を運営する第三セクター。2009年4月1日からは八頭町と若桜町が鉄道施設を保有し、若桜鉄道が両町から施設を借り入れて列車を運行する上下分離方式の経営体制に移行している。

中国運輸局の発表によると、普通運賃上限額(大人)の値上げ率は1.991%。定期運賃の平均割引率は1カ月の場合、通勤が34.7%(現行35.0%)、通学が39.6%(同40.0%)に引き下げられる。全体の増収率は2.640%で、このうち定期券は3.064%、定期券以外は2.060%になる。これにより運賃の上限は値上げされるが、実施運賃は変更しないという。

鉄道事業では旅客運賃の上限を変更する場合、国交相の認可を受けなければならないが、実施運賃は上限の範囲内なら届出だけで変更することができる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集