名古屋市交通局、環状10周年の記念イベント…11月16日

鉄道 行政

「名城線環状化10周年記念イベント」の案内。11月16日に名港工場で行われる。
  • 「名城線環状化10周年記念イベント」の案内。11月16日に名港工場で行われる。
名古屋市交通局は11月16日、名港工場(名古屋市港区、名港線築地口駅3番出口から徒歩約10分)で「名城線環状化10周年記念イベント」を開催する。開催時間は10時から15時まで。

電車の吊り上げ実演や電車との綱引き(小学生以下)、保線作業用モーターカーの試乗、電車の床下見学、転轍機の切換え体験、車掌体験、運転台体験、制服を着用しての記念撮影、軌道保守用機械および工具の展示、名城線環状化10周年記念展示、地下鉄部品や交通局オリジナルグッズの販売などが行われる。保線作業用モーターカーの試乗と転轍機の切換体験は整理券が必要。

名城線は、2号線名古屋港~金山~栄~大曽根間のうち金山~大曽根間と、4号線大曽根~名古屋大学~新瑞橋~金山間で構成される環状運転系統。2号線は1971年12月20日までに名城線として開業し、4号線は1974年3月30日に新瑞橋~金山間が開業した。

2000年以降は4号線の大曽根~新瑞橋間が順次延伸開業し、2004年10月6日に全通。これに伴い2・4号線による環状運転が始まった。その際、環状運転区間の線名を名城線にするとともに、環状運転区間から外れた名古屋港~金山間は現在の名港線に改称されている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集