【パリモーターショー14】ジャガー XE に「R-スポーツ」…内外装のスポーツ性を向上

自動車 ニューモデル 新型車

ジャガー XE のR-スポーツ(パリモーターショー14)
  • ジャガー XE のR-スポーツ(パリモーターショー14)
  • ジャガー XE のR-スポーツ
  • ジャガー XE のR-スポーツ
  • ジャガー XE のR-スポーツ
  • ジャガー XE のR-スポーツ
  • ジャガー XE のR-スポーツ
  • ジャガー XE のR-スポーツ
  • ジャガー XE のR-スポーツ
10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー14。英国の高級車メーカー、ジャガーカーズのブースでは、新型セダン『XE』のスポーツ仕様が初公開された。

このスポーツ仕様は、「R-スポーツ」。XEは、ジャガーが、小型プレミアムスポーツセダン市場に参入するために開発された。このXEの内外装のスポーツ性を引き上げたのが、R-スポーツとなる。

外観は、トランクにリアスポイラーを装備。フロントフェンダーの「パワー・ヴェント」は、クローム仕上げとなる。足回りには、スポーツサスペンションを採用。ジャガーカーズによると、ハンドリング性能をさらに引き上げているという。

インテリアは、シートに「トーラス」と呼ばれるレザーを使用。メッシュのファブリック素材と組み合わせた。ドアシルには、アルミプレートを添える。スポーツステアリングホイールも装備された。

パワートレインはガソリン、ディーゼルの複数。中でも、新世代「インジニウム」のガソリンエンジンは、直噴2.0リットル直列4気筒ターボで、2種類のチューニングが存在。最大出力は200ps、最大トルクは28.6kgmを発生する。高出力版は、最大出力240ps、最大トルク34.7kgm。240ps仕様の場合、0-100km/h加速は6.8秒、最高速は250km/(リミッター作動)と公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集