【リコール】三菱 パジェロ、エンジンECUやターボチャージャに不具合

自動車 ビジネス 企業動向

三菱・パジェロ
  • 三菱・パジェロ
  • 改善箇所(タイミングチェーンテンショナー)
  • 改善箇所(エンジンECU)
  • 改善箇所(ターボチャージャ)
三菱自動車は10月16日、『パジェロ』のタイミングチェーンテンショナーなどに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『パジェロ』1車種で、2008年9月1日~2014年3月24日に製造された8871台。不具合部位はタイミングチェーンテンショナー、エンジン制御用コンピュータ(エンジンECU)、ターボチャージャの3か所。

タイミングチェーンテンショナーについては、張力調整機構の構造が不適切なため、タイミングチェーンにかかる張力が不足して、エンジン駆動中に異音が発生することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、タイミングチェーンが破損し、最悪の場合、エンストして再始動できなくなるおそれがある。

全車両、タイミングチェーンテンショナーを対策品と交換する。また、タイミングチェーンシステムを点検し、損傷が確認された場合は、システム一式を新品と交換する。

エンジンECUについては、燃料噴射プログラムが不適切なため、燃料噴射の学習機能が正常に機能しないことがある。そのため、DPF(ディーゼル粒子状物質除去装置)に過剰に煤が堆積し、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、エンストして再始動できなくなるおそれがある。

エンジンECUのプログラムを対策品に書き替え、燃料噴射学習を実施するとともに、DPFを点検し、煤が過剰堆積しているものは新品に交換する。また、メンテナンスノートの「コモンレール噴射システム噴射量補正」点検整備方式のページにシールを貼り付け、正しい記載内容に訂正する。なお、エンジンECUが対策済みの車両は、メンテナンスノートの訂正のみを実施する。

ターボチャージャについては、可変ノズルベーンを駆動するリンク部の耐食性が不十分なため、当該リンク部が発錆して固着する場合がある。そのため、エンジンECUが過給圧異常を検出してエンジン警告灯が点灯し、出力制限を伴うフェールセーフモードに入るとともに、排気ガス濃度が基準値を超過するおそれがある。

全車両、ターボチャージャの可変ノズルベーンを駆動するリンク部のターンバックルを対策品と交換し、エンジンECUのプログラムを対策品に書き替える。

不具合はタイミングチェーンテンショナーで10件、エンジンECUで69件、ターボチャージャで9件発生。事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集