国交省、仙台市東西線に完成検査合格書を交付

鉄道 行政

国交省東北運輸局は10月17日、仙台市に地下鉄東西線の完成検査合格書を交付する。写真は東西線に投入される2000系電車。
  • 国交省東北運輸局は10月17日、仙台市に地下鉄東西線の完成検査合格書を交付する。写真は東西線に投入される2000系電車。
  • 東西線の路線図。今回は一部の電気設備の完成検査合格書を交付。今後も電気設備の完成検査を順次実施し、それ以降は電気設備以外の完成検査を行う予定だ。
国土交通省東北運輸局は10月15日、仙台市に地下鉄東西線(2015年開業予定)の完成検査合格書を交付すると発表した。一部の電気設備の完成検査が終了する予定であることから、10月17日に運輸局がある仙台第4合同庁舎(仙台市宮城野区)で交付する。

東西線は仙台市南西部の八木山動物公園駅(太白区)から都心部のJR仙台駅を経て、仙台東部道路の東インターチェンジ付近の荒井駅(若林区)に至る、全長13.9kmの地下鉄。東京都交通局の都営大江戸線などで採用されているリニアモーター式の地下鉄を導入する。車両は2000系電車60両(4両編成15本)を投入する予定。このほど第1編成が完成し、荒井車両基地に搬入された。

東北運輸局は電気設備の完成検査を2015年夏まで順次実施し、その後は電気設備以外の完成検査を実施していく予定としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集