西武横瀬イベント、今年は「銀河鉄道999」ラッピング車を展示

鉄道 企業動向

恒例の横瀬車両基地公開イベント「西武トレインフェスティバル2014 in 横瀬」は11月8日開催。12月に営業運転を終了する「銀河鉄道999デザイン電車」が展示される。写真は飯能方から見たデザイン電車編成。
  • 恒例の横瀬車両基地公開イベント「西武トレインフェスティバル2014 in 横瀬」は11月8日開催。12月に営業運転を終了する「銀河鉄道999デザイン電車」が展示される。写真は飯能方から見たデザイン電車編成。
  • 横瀬車両基地の公開イベントにあわせ、池袋~横瀬間を結ぶ臨時列車が「銀河鉄道999デザイン電車」で運行される予定。写真はデザイン電車編成の池袋方。
  • 「西武トレインフェスティバル in 横瀬」では機関車なども展示される。写真は2012年の様子。
西武鉄道は11月8日、西武秩父線の横瀬車両基地(埼玉県横瀬町、横瀬駅から徒歩5分)で「西武トレインフェスティバル2014 in 横瀬」を開催する。開催時間は10時から14時30分まで。

3000系「銀河鉄道999デザイン電車」を展示するほか、懐かしの車両や機関車の展示、国分寺線や新宿線の前身である川越鉄道の開業120周年を記念した写真展示、鉄道部品やグッズの販売などが行われる。このうち鉄道部品の販売は9時30分、会場入口で先着30人を対象に抽選を行い、入場の順番を決める。

このほか、当日は「銀河鉄道999デザイン電車」による臨時普通列車が池袋駅から横瀬駅まで、臨時特急列車が本川越駅から西武秩父駅まで運転される。運行時刻は後日案内される。

「銀河鉄道999デザイン電車」は、「銀河鉄道999」の作者で現在は池袋線沿線の大泉学園在住の松本零士さんの協力により、2009年5月から運行を開始。3000系3011号編成の車体を「銀河鉄道999」主要キャラクターの「星野鉄郎」「メーテル」「車掌」のイラストで装飾している。今年12月に運行を終了する予定。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集