ヤマハ発動機、フラッグシップのスポーツボートをフルモデルチェンジ…船体を新開発

船舶 企業動向

ヤマハ発動機、242リミテッドS
  • ヤマハ発動機、242リミテッドS
  • ヤマハ発動機、ハイ・アウトプット
ヤマハ発動機は、スポーツボートのフラッグシップ「242リミテッドS」、「AR240ハイ・アウトプット」をフルモデルチェンジして、11月19日から発売する。

今回のフルモデルチェンジでは、ハル(船体)を新開発した。船底後部に可動式キールを採用したことで、直進時における保針性能を高めたほか、ハンドリングを向上させている。

また、スピードやエンジン回転数、燃料残量や燃費、水深などの情報表示や各種電子機器の操作などを、スクリーンタッチやジョイスティックで操作できる「マルチファンクションディスプレイ」(7インチカラー液晶)を搭載するなど、操作性、快適性の向上を実現した。

価格は242リミテッドSが978万5400円(消費税抜き)、AR240ハイ・アウトプットが888万5400円(同)。

ジェット推進式エンジンを搭載したスポーツボートは、北米を中心に高い人気となっており、日本国内でも年々需要が増加している。

2015年の同社のスポーツボートラインナップは、今回フルモデルチェンジした2モデルのほか、全モデルでカラーやグラフィック、細部の仕様を変更、全6モデル、11バリエーションのラインナップで順次投入する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集