JR東日本、マレーシアで新幹線E5系など「運転」

鉄道 企業動向

11月からマレーシア・クアラルンプールのKLモノレールで運行されるJR東日本のラッピング車。E5系とE6系の先頭車側面イラストがモノレールの車体にデザインされる。
  • 11月からマレーシア・クアラルンプールのKLモノレールで運行されるJR東日本のラッピング車。E5系とE6系の先頭車側面イラストがモノレールの車体にデザインされる。
  • タイ・バンコクでは「東京雪遊び(GALA湯沢)」をテーマにしたラッピングがBTSスクムウィット線の1編成に施される。
JR東日本と同社グループのびゅうトラベルサービスは10月7日、マレーシアとタイで鉄道を活用したプロモーションを初めて展開すると発表した。両国の鉄道車両にJR東日本の新幹線車両などをデザインしたラッピング広告を出す。

マレーシアでは、個人旅行向けの鉄道利用パッケージ商品ブランド「Eastern Japan Tokyo Rail Days」の浸透を目的に、クアラルンプールのKLモノレール1編成を使ったラッピング広告を実施。東北新幹線『はやぶさ』などで運用されているE5系と、秋田新幹線『こまち』のE6系をデザインし、日本の高速鉄道をアピールするという。11月1日から実施するが、12月からはテーマを「東京雪遊び(GALA湯沢)」に変更する予定だ。

タイでも11月1日から2015年2月まで、バンコク高架鉄道「スカイトレイン」(BTS)のスクムウィット線1編成を使ったラッピング広告を実施。訪日旅行者数の伸びが著しい同国で「東京雪遊び(GALA湯沢)」をPRする。

このほか、台湾では山形新幹線のリゾート列車『とれいゆつばさ』を組み込んだ旅行商品を新たに設定した。設定日は11月7~11日の4泊5日で、発売額は大人3万9900台湾ドル(約14万3640円)。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集