【インターモト14】BMW、3機種を初公開…新型 S1000RR は6psアップ&4kg減量

モーターサイクル エンタメ・イベント

BMWモトラッド カール・フィクター・シャーラー開発部長(ドイツ・インターモト 2014)
  • BMWモトラッド カール・フィクター・シャーラー開発部長(ドイツ・インターモト 2014)
  • BMW・S1000RR(ドイツ・インターモト 2014)
  • ドイツ・インターモト 2014 BMWブース
  • BMWモトラッド ステファン・シャーラー社長
  • BMW・R1200R(ドイツ・インターモト 2014)
  • ドイツ・インターモト 2014 BMWブース
  • BMWモトラッド ハイナー・ファウスト副社長(ドイツ・インターモト 2014)
  • BMW・R1200RS(ドイツ・インターモト 2014)
ドイツ・ケルン市で1日から開催された「インターモト14」。各メーカーのプレスカンファレンスは、地元ドイツのBMWが先陣を切り、3機種のニューモデルを発表した。

登壇したBMWモトラッドの社長、ステファン・シャーラー氏は、今回のインターモトにおけるBMWのキーワードである“Make Life a Ride"について述べた後、新しい『R1200R』を紹介した。

同車には、すでに『R1200GS』や『R1200RT』に搭載されている水冷ボクサーツインユニットを採用。フロントサスペンションもアイデンティティでもあるテレレバーに代わり、一般的なテレスコピックタイプとなり、よりスポーティになった印象だ。

次いで、BMWモトラッドの営業担当副社長であるハイナー・ファウスト氏が、『R1200RS』を発表。RSはライゼ・シュポルトを意味し、英語でツーリングスポーツのこと。フルカウルのRSの基本構成はネイキッドのR1200Rと共用し、サスペンションに電子調整式とするなど技術的にも準じているが、エンジン、車体ともに車輌性格に合わせ最適化が施されている。

そして、開発部長であるカール・フィクター・シャーラー氏が、新型『S1000RR』について説明。エンジンは6psアップされ、車重も4kg軽量化、フレームは新設計で、ディメンジョンも見直されるなど、高い完成度を期待させる。
《和歌山 利宏》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集