【メルセデスベンツ Cクラスワゴン新型発表】ワゴンとしての機能性を追求したモデルチェンジ

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ Cクラスステーションワゴン
  • メルセデスベンツ Cクラスステーションワゴン
フルモデルチェンジしたメルセデスベンツ『Cクラスステーションワゴン』は、セダンと同様に、アジリティとインテリジェンス、つまり、優れた走行性能と安全性や快適性が大幅に引き上げられた。更に、ワゴンとしての機能性を追求した。

このCクラスステーションワゴンは、「現代の多様でアクティブなライフスタイルを彩るクルマだ」とは、メルセデス・ベンツ日本代表取締役社長の上野金太郎氏の弁。「最大積載容量は1490リットルと、先代を更に25リットル上回る。ラゲッジルームには使い勝手を一層高める、便利な機能を搭載しており、様々なニーズにきめ細かく対応している」と話す。

また、メルセデス・ベンツ日本マーケティング部の亀岡徹さんは、「後席の居住性を上げるためにプライバシーガラスを標準装備したほか、セダンよりも、荷物の載せ降ろしの頻度が高くなるため、電動のテールゲートを採用。また、リアシートの分割をこれまでの2:1の2分割から4:2:4の3分割にしている」と述べる。

上野社長は、「これにより、乗車人数と積載物の形、大きさに合わせ、より柔軟な室内アレンジが可能となった。更にリアシートのバックレストはボタン一つでロックが解除できる装備を備え、力を必要とせず、フラットな積載面を拡大することができる」と使い勝手が向上したことを強調。

そして、リバーシブルラゲッジルームマットが全車に標準装備された。これは、「片面にベロア素材を、もう片面にラバー素材を採用しており、ラバー素材面は簡単に汚れを落とせるため、海や山などのアクティビティで使用された機材や、衣服などの汚れを気にせずにラゲッジルームに積載することが可能となった」と上野社長。

そのテールゲートにはハンズフリーアクセスを一部グレードに採用。「両手がふさがっている時でも、リアバンパーの下側に足を近付けることで、テールゲートを開閉できる便利な機能だ」と、様々な機能性が向上されていることを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集