JVCケンウッド、米国販売会社を統合…海外拠点を再編

自動車 ビジネス 企業動向

JVCケンウッドは、米国の販売会社「JVC Americas Corp.(ニュージャージー州)」と「Kenwood U.S.A. Corporation(カリフォルニア州)」を統合し、「JVCKENWOOD USA Corporation(カリフォルニア州)」を新たに発足したと発表した。

これまで「JVC」と「KENWOOD」それぞれのブランドを扱う2つの販売会社で事業運営してきたが、両社を1つの販売会社に統合することで、米国での販売ノウハウや専門知識を集約。事業革新と「JVC」「KENWOOD」両ブランド製品の販売拡大を加速するとともに、ロジスティックスとバック・オフィス機能の効率化をはかっていく。

なお、カーエレクトロニクスセグメントにおいて、「JVC」「KENWOOD」両ブランドの営業・マーケティングチームは、「JVCKENWOOD USA Corporation」が本社を構えるカリフォルニアに既に集約していたが、今回、資本的にも統合する。

また、AVアクセサリーと業務用ビデオカメラの営業・マーケティングチームはニュージャージー州の拠点、無線事業とセキュリティシステムの営業・マーケティングチームはジョージア州アトランタの拠点を本拠地とするなど、それぞれの市場に最適な拠点にて事業運営を推進。「JVCKENWOOD USA Corporation」の本部は、ロングビーチ(カリフォルニア)に置く。

新たに発足した「JVCKENWOOD USA Corporation」では今後、「JVC」「KENWOOD」それぞれのブランドが持つ映像・音響技術やカーエレクトロニクス、無線通信技術を融合した製品を販売することで、米国におけるプレゼンスを高めていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集