一畑電車、1000系のデザイン投票を開始…来年2月から運行

鉄道 企業動向

島根県内で鉄道路線を運営している一畑電車は10月1日、既存車両の老朽化対策として東京急行電鉄(東急)から購入した1000系電車の「デザイン投票」を始めた。

東急の1000系は1988年に登場した通勤形電車。現在は池上線や東急多摩川線で運用されているほか、一部の車両は長野県の上田電鉄と三重県の伊賀鉄道に譲渡されている。一畑電車では2015年2月から営業運行を開始する予定。

投票はA~Cのデザイン3案のなかから一つを選ぶもので、いずれの案も一畑電気鉄道時代からの塗装の一つであるオレンジ色が用いられている。一畑電車の各駅に設置しているチラシや、郵便はがきによる郵送、または一畑電車のウェブサイトから投票することができる。投票期間は10月31日までで、11月中旬にはデザインが決まる予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集