マツダ、南アフリカで新販売統括会社の営業を開始

自動車 ビジネス 企業動向

新型マツダ6(アテンザ)ワゴンとセダン
  • 新型マツダ6(アテンザ)ワゴンとセダン
  • マツダ CX-5
マツダは10月1日、南アフリカにおける新販売統括会社「Mazda Southern Africa (Pty) Ltd.」(MSA)が営業を開始したと発表した。

MSAは、フォードの現地法人からマツダ車の販売事業を引き継いだ販売統括会社。今後はMSAが主体となってブランド戦略や販売戦略などを立案・実行し、南アフリカ市場におけるマツダブランドおよびビジネスの強化・拡大を図る。

マツダは1963年に南アフリカに市場参入。2013年には6309台を販売しており、現在はアフリカ大陸におけるマツダ車の最量販市場となっている。今後は同市場で、さらなる販売拡大を目指し、新型『マツダ3(日本名:アクセラ)』と『マツダ6(日本名:アテンザ)』を今月より導入するとともに、既に販売している『CX-5』の機種を拡充する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集