H-IIA26号機『はやぶさ2』打ち上げ日時決定

宇宙 科学

2014年8月30日に公開された打ち上げ前の「はやぶさ2」
  • 2014年8月30日に公開された打ち上げ前の「はやぶさ2」
  • 金星探査機「あかつき」を搭載し初めて惑星間軌道へ打ち上げられたH-IIAロケット17号機
2014年9月30日、JAXA宇宙航空研究開発機構は、小惑星探査機『はやぶさ2』および相乗り小型副ペイロード3機を搭載したH-IIAロケット26号機の打ち上げを2014年11月30日午後1時24分48秒と発表した。

「はやぶさ2」および3機の相乗り小型ペイロードはH-IIAロケット26号機(202型)は、2014年11月30日午後1時24分48秒に種子島宇宙センターから打ち上げられる予定。小惑星「1999 JU3」を目指し、往復6年間の探査を行う。

H-IIA26機の飛行計画では、リフトオフから1分48秒後に「SRB-A」(固体ロケットブースター)2基を切り離し、4分10秒後に衛星フェアリングを分離。第1段は6分44秒後に分離され、2回の第2段エンジン燃焼を経て1時間47分15秒後に「はやぶさ2」を分離する。続いて相乗りの「しんえん2」を1時間53分55秒後に、「ARTSAT2-DESPATCH」を1時間58分5秒後に、「PROCYON」を2時間2分15秒後に分離する予定だ。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

特集