川崎汽船、ベトナム・ホーチミンに冷凍冷蔵倉庫を新設・運営へ

エマージング・マーケット 東南アジア

川崎汽船は、アジア物流事業展開の一環として海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)と日本ロジテムと合弁会社を設立し、ベトナム・ホーチミン市郊外で冷凍冷蔵倉庫を建設、運営することを決定した。

日本の商品・サービスの海外需要開拓に関連する支援・促進を目指すクールジャパン機構から投資対象とすることが決定され、ベトナムでの冷凍冷蔵倉庫事業で3社の方向性が一致、共同出資で合弁会社を設立する。

社名は未定で、資本金は1500万ドル。日本ロジテムが26%、川崎汽船が25%、クールジャパン機構が49%出資して2015年1月に設立する。

合弁会社では約2万平方mの土地に、総床面積約9300平方mの冷凍冷蔵倉庫を建設・運営する。事業開始は2016年1月の予定。

川崎汽船グループのBANGKOK COLD STORAGEは、1989年からタイ・バンコクで冷凍冷蔵倉庫事業を運営してきた。合弁会社にその経験とノウハウを移植し、日本からの食品・食料品保管に適した高品質サービスを提供する。

また、日本ロジテムは20年以上のベトナムで事業を展開してきた知見を生かし、配送手配などの付帯サービスを提供する。

川崎汽船グループは、倉庫事業を通して今後、増加が見込まれる日系顧客のベトナム向け貨物をターゲットに、顧客ニーズに応えたサービスを展開していくとともに、アジア物流事業の展開を推進する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集