南海「トッキュウジャー」ラッピング車、千代田工場に直通…10月25日

鉄道 企業動向

難波~千代田工場間の直通臨時列車は10000系で運転。先頭の1両のみラッピングされた「トッキュウジャーラッピングサザン」編成を使用する。
  • 難波~千代田工場間の直通臨時列車は10000系で運転。先頭の1両のみラッピングされた「トッキュウジャーラッピングサザン」編成を使用する。
  • 9月29日から「電車まつり」開催前日までは、PR用ヘッドマークが南海線9000系と高野線6000系に掲出される。
南海電気鉄道は10月25日、千代田工場(大阪府河内長野市、高野線千代田駅から徒歩約10分)で開催される「南海電車まつり2014」にあわせ、難波駅から千代田工場まで臨時直通列車を運行する。

運行時刻は難波9時22分発~千代田工場10時00分着。復路の設定はない。車両は南海線の特急『サザン』で運用されている10000系電車のラッピング車「トッキュウジャーラッピングサザン」を使用する。

旅行代金は大人2300円・子供1500円で、難波~千代田工場間の片道運賃と座席指定料金、記念乗車証、オリジナルグッズが付く。乗車に際しては事前に南海電鉄ウェブサイト(9月26日10時~10月1日17時)か電話(10月7~17日の平日10~17時)で申し込む必要がある。募集人数はウェブサイトが120人、電話が80人。

このほか、9月29日から10月24日まで、「電車まつり」の開催をPRするヘッドマークを南海線9000系1編成と高野線6000系1編成に掲出する。

「南海電車まつり」は毎年恒例の「鉄道の日」記念イベント。今回は特急『ラピート』で運用されている50000系電車のラッピング車「Peach×ラピート ハッピーライナー」の車内見学などを実施する。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集