【ホンダコレクション】熟成のV型3気筒、フレディ・スペンサーとランディ・マモラが2勝をマーク…NS500[写真蔵]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ホンダ NS500
  • ホンダ NS500
  • ホンダ NS500
  • ホンダ NS500
  • ホンダ NS500
  • ホンダ NS500
  • ホンダ NS500
  • ホンダ NS500
  • ホンダ NS500
ホンダは17日、栃木県のツインリンクもてぎにおいて、コレクションホール所蔵マシンの走行確認テストを行った。

1984年の世界GPにおいてホンダはV型4気筒を搭載する主力マシン『NSR500』を投入。しかし成績が安定せず、エースライダーのフレディ・スペンサーはコースによってV型3気筒のNS500とNSR500を使い分けレースを闘った。

NS500は前年の1983年にタイトルを獲得したマシン。熟成の進んだNS500は、スペンサーとランディ・マモラの手によりそれぞれが2勝を挙げた。

しかし、ライバルの4気筒マシンを凌駕するほどのパワーは得られず、1985年からは主力マシンの座をNSR500に譲ることとなった。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

特集