JAL、「山口クリスマス先得」を設定…日本式クリスマス発祥地のプロジェクトを支援

航空 企業動向
JAL(参考画像)
  • JAL(参考画像)
日本航空(JAL)は、早めの予約で割引の大きい「先得割引」「スーパー先得」を、新たに「山口クリスマス先得」と名称設定し販売する。

日本のクリスマス発祥の地である山口市では、毎年12月に地域の実行委員会がイルミネーション、音楽ライブやオペラ公演、イベントワークショップなど、「山口クリスマス市」プロジェクトを展開している。

同社では2011年から毎年、地域活性化支援の一環として、12月の1カ月間、東京(羽田)~山口宇部線の「特便割引」、「特便割引21」を「山口クリスマス特便」として運賃名称を設定し、「山口クリスマス市」プロジェクトを応援してきた。

JALは、「山口クリスマス特便」、「山口クリスマス先得」の告知をはじめ、国内線時刻表や自社ホームページなどの各種媒体を活用し、地域社会への貢献・活性化を目的とした誘客促進を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集