政治セミナーに相次ぎ圧力…タイ軍政の言論弾圧に「独裁」の声

【タイ】タイ軍事政権が民主主義や政治に関する言論弾圧を強めている。

エマージング・マーケット 東南アジア
【タイ】タイ軍事政権が民主主義や政治に関する言論弾圧を強めている。

 18日にはバンコクのタイ国立タマサート大学で予定されていた独裁政権に関するセミナーを強制的に中止させ、学者、学生ら7人の身柄を一時拘束した。

 25日にタイ北部チェンマイ市の国立チェンマイ大学で予定されていた政治討論会も軍政の圧力で中止に追い込まれた。

 国際的な人権保護団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(本部、ニューヨーク)はこうした動きについて、「タイ軍政は自分たちは独裁者ではないと国際社会に伝える一方で、大学に介入し、民主主義や人権に関する議論を禁止している」と指摘し、言論の検閲、批判者の訴追、政治活動の禁止といった弾圧は独裁につながると警告した。

政治セミナー相次ぎ中止 タイ軍政、言論弾圧強化

《newsclip》