【福祉機器展14】スズキ、都市型電動車いす UTコンセプト を参考出品

自動車 ビジネス 企業動向
スズキ・都市型電動車いす UTコンセプト
  • スズキ・都市型電動車いす UTコンセプト
スズキは、10月1日から3日に東京ビッグサイトで開催される「第41回国際福祉機器展H.C.R.2014」に、都市型電動車いす「UTコンセプト」を参考出品する。

UTコンセプトは、「都市生活での移動に便利な電動車いす」をコンセプトとした参考出品車。障害物や段差を回避する先進予防安全技術を盛り込み、都市部での歩道環境に適したコンパクト性と小回り性を実現した。

また、車両の前方足元の構造物をなくすことで前面を開放して視認性を高めたほか、バッテリーは着脱式として利便性も向上させている。

操作は操舵レバーで行う方式を採用し、右手元にスマートフォンタイプのパネルを設置。後方をカメラで確認できるようにするなど、周囲の環境に合わせて安心して使うことができるように配慮した。

スズキはこのほか、福祉車両ウィズシリーズをはじめ、モーターチェアやセニアカーなどの福祉機器を出品する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集