日産自動車と佐川急便、電気トラックの実証運行を実施

エコカー EV
日産・e-NT400テストトラック
  • 日産・e-NT400テストトラック
日産自動車と佐川急便は、100%電気トラック『e-NT400テストトラック』の実証運行を、今夏2か月間にわたり実施した。

佐川急便は、物流業における環境負荷の低減に向け、地球温暖化防止をはじめ、さまざまなテーマに対し、ハード面とソフト面を組み合わせて取り組んでいる。これまでも、天然ガストラックをはじめとする低公害車を積極的に導入するなど、環境負荷の少ない車両の活用を進めていた。

今回の実証運行では、佐川急便は日産が貸与するe-NT400テストトラックのモニター車を活用し、その実用性を検証。実証運行中に実際に使用したドライバーからは、ゼロエミッション車の強みである、騒音や振動による負担が少ない点や加速性能が高い点などが評価されていた。

日産は、今回の実験で得られたデータをもとに、走行性能や充電の運用などに関する検証を進め、今後の開発に生かしていく。また佐川急便では、今後も新技術などによる低公害車の開発に積極的に協力するとともに、環境負荷低減に向けて様々な取り組みを行っていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集