ソフトバンク、買収先の通信網活かす…旅行者にうれしい「アメリカ放題」

エンターテインメント 話題

「ソフトバンク」サイト
  • 「ソフトバンク」サイト
 ソフトバンクモバイルは17日、ソフトバンクユーザーが日本国内と同等の料金で音声通話・データ通信を利用できる「アメリカ放題」を発表した。9月19日より提供を開始する。

 「アメリカ放題」では、米スプリントでの国際ローミング開始にあわせて、ネットワークを活用。アメリカ本土、ハワイ、プエルトリコ、バージン諸島(アメリカ領)で、日本にいるときと同様に、ネットワークを利用できる。なお、W-CDMA事業者がCDMAネットワークで国際ローミングを行うのは世界初とのこと。LTEデータ通信については年内に提供する予定。

 サービス利用料は月額980円(要申し込み)。サービス開始記念キャンペーンで無料(申し込み不要)で、キャンペーン終了後も、「スマ放題」データ定額パック(データ量5GB以上)に加入の場合は、無料となる。スプリントネットワーク対応スマートフォンで利用可能。

ソフトバンクM、米国で通話・ネットし放題の「アメリカ放題」開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集