マツダ、新型デミオ の生産をタイ工場でも開始

自動車 ビジネス 企業動向

新型「Mazda2」(日本仕様)
  • 新型「Mazda2」(日本仕様)
  • マツダ デミオ
マツダは9月17日、タイの車両生産拠点オートアライアンス(タイランド)(AAT)において、新型『Mazda2』(日本名:デミオ)の生産を開始したと発表した。

今回、AATで生産を開始した新型Mazda2は豪州向け。今後マツダは同工場にて、オセアニアやアセアン市場向けの新型Mazda2を順次生産していくとともに、メキシコ新工場においても、2014年中に同モデルの生産を開始し、グローバルな供給体制を整備していく。

新型Mazda2の生産開始をうけて、小飼雅道社長は「世界の3つの工場でほぼ同時期に新型車の生産を立ち上げることは私達にとって大きな挑戦だ。タイとメキシコにおいても、マザー工場である日本の防府工場と同じ高品質なクルマを生産し、世界中の顧客に提供することを約束する」と述べた。

新型Mazda2の生産拠点は今年7月に生産を開始した日本の防府工場に続いて2拠点目。AATでは2009年9月よりMazda2を生産しており、これまでに18万2663台を製造している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集