インクリメントP、自動運転技術の公道実証実験ワーキンググループに参画

自動車 テクノロジー 安全
インクリメントP(参考画像)
  • インクリメントP(参考画像)
インクリメントPは9月17日、新たに発足した自動運転技術の公道実証実験ワーキンググループ「アーバンドライブワーキンググループ」に参加すると発表した。

アーバンドライブWGは、アイサンテクノロジーと名古屋大学が中心となって立ち上げた、インターネットITS協議会(IIC)のワーキンググループ。そのほかには、インテル、ZMPなども加盟している。

ワーキンググループでは、自動運転技術の実用化と市場創出に向けて、自動運転技術の普及に向けた活動を実施。主に自動運転システムのプラットフォーム技術、並びに高精度地図技術やセンサ融合技術など、単独の企業では開発が困難な技術課題を設定し、愛知県を中心に自動運転技術の公道実証実験を展開していく。

インクリメントPは、地図データの制作・提供を行っている企業として、ワーキンググループにおいて、自動運転システムでの活用に適した地図データフォーマットの研究開発を進め、自動運転技術の実用化に貢献していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集