成田国際空港、第2ターミナル到着口をリニューアル…2020年東京五輪見据え

航空 企業動向
成田国際空港、東京オリンピックを見据えて到着口を整備
  • 成田国際空港、東京オリンピックを見据えて到着口を整備
  • 成田国際空港、東京オリンピックを見据えて到着口を整備
成田国際空港は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を見据え、第2旅客ターミナルビル「到着口」をリニューアルし、日本到着時の第一印象向上や空港イメージの刷新を図る。

今回のリニューアルでは、日本の玄関として「和の抽象美」を彷彿せるモチーフを採用した。日本の品格や繊細さ、上質感を演出する。

今回のリニューアルでは、第2旅客ターミナルビルの1階、2階の壁、床の色調、天井のモチーフを見直す。また、地下1階エレベーターホール、立体駐車場連絡通路も同様にリニューアルし、明るさと落ち着きを兼ね備えた空間を提供する。

11月から着工し、到着階北側や吹き抜け部や2階、地下などは2015年6月ごろ。到着階南側吹き抜け部、1階などは2016年3月ごろ完成する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集