【アウトメカニカ・フランクフルト14】世界最大級の国際自動車産業見本市が開幕

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

アウトメカニカ モスクワ14(参考画像)
  • アウトメカニカ モスクワ14(参考画像)
  • アウトメカニカ モスクワ14(参考画像)
現地時間9月16日、ドイツ・フランクフルトにてアウトメカニカ・フランクフルト14が開幕した。同展示会は、70か国以上から4500社を超える出展企業が集まる世界最大級の国際自動車産業見本市。

アウトメカニカ・フランクフルト14では、前回同様の「エレクトロニクス & システム」「IT & マネジメント」「アクセサリー & チューニング」「カーウォッシュシティ」に、新たに「パーツ & コンポーネンツ」「トゥモローズモビリティ」を加えた計7つのテーマに沿った展示が行われる。

日系企業としては、東レやカナックプランニング、明治産業などが出展。さらに、アイシンやデンソー、エクセディ、日本特殊陶業、KYBなどが現地法人より出展する。

2012年には14万8000人を動員したアウトメカニカ・フランクフルト。今回は9月16日から20日までの4日間で、さらなる動員を目指す。
《瓜生洋明》

編集部おすすめのニュース

特集