【WMX 最終戦】ホンダ ナグル、レース1で優勝…総合2位を獲得

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

マキシミリアン・ナグル(ホンダ)
  • マキシミリアン・ナグル(ホンダ)
  • マキシミリアン・ナグル(ホンダ)
  • マキシミリアン・ナグル(ホンダ)
  • マキシミリアン・ナグル(ホンダ)
  • マキシミリアン・ナグル(ホンダ)
世界選手権モトクロス第17戦・メキシコGPが9月14日、レオン・サーキットで開催され、マキシミリアン・ナグル(ホンダ)は、レース1で優勝。さらにレース2でも4位に入り、今大会の総合2位を獲得した。

ナグルは耳の感染症から回復したばかりで、胃の不調も治療中という状況だったが、レース1ではそれを感じさせない好調ぶりを発揮する。1周目でケビン・ストライボス(スズキ)を抜き去り、序盤からリード。快調なペースを刻んでレースを進める。残り2周でストライボスに差を詰められたが、約1秒の差をつけて逃げきり、優勝を飾った。

シーズンの最終戦となったレース2でも、ナグルは序盤の上位争いに加わる。18周のレースで、ゴーチェ・ポーリン(カワサキ)にかわされた12周目までトップを快走。ストライボスと激しい3位争いを繰り広げ、4位でフィニッシュした。これにより、今大会の総合ポイントではポーリンと並んでトップだったが、同点の場合にはレース2の成績上位者が総合順位で上位となる規定により、総合2位で最終戦を終えた。

■第1レース
1位:マキシミリアン・ナグル(ホンダ)
2位:ケビン・ストライボス(スズキ)
3位:アントニオ・カイローリ(KTM)
4位:ゴーチェ・ポーリン(カワサキ)
5位:ジェレミー・ファン・フォルベーク(ヤマハ)
6位:ショーン・シンプソン(KTM)

■第2レース
1位:ゴーチェ・ポーリン(カワサキ)
2位:アントニオ・カイローリ(KTM)
3位:ケビン・ストライボス(スズキ)
4位:マキシミリアン・ナグル(ホンダ)
5位:ジェレミー・ファン・フォルベーク(ヤマハ)
6位:トミー・サール(カワサキ)

■ポイントランキング
1位:アントニオ・カイローリ(KTM)747P
2位:ジェレミー・ファン・フォルベーク(ヤマハ)628P
3位:ケビン・ストライボス(スズキ)572P
4位:クレメン・デサール(スズキ)484P
5位:スティーブン・フロサード(カワサキ)419P
6位:マキシミリアン・ナグル(ホンダ)400P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集