JAXA、高精度軌道時刻推定ツールの作成物をインターネットで配信開始

宇宙 テクノロジー
MADOCAプロダクトのリアルタイムインターネット配信開始(出典:JAXA)
  • MADOCAプロダクトのリアルタイムインターネット配信開始(出典:JAXA)
  • MADOCAプロダクトのリアルタイムインターネット配信開始(出典:JAXA)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、9月11日から測位衛星の軌道を高精度に求める複数GNSS対応高精度軌道時刻推定ツール「MADOCA」で作成したプロダクトのインターネット配信を開始した。

より多くの人がMADOCAプロダクトを用いた高精度な測位を利用できるようになる。

JAXAでは、高精度なリアルタイム測位サービスの実現に向けて、「みちびき」の実験用信号に対応した2周波受信機1台で、10cm以下の精度で自分の位置を求めることができる測位技術「PPP(単独搬送波位相測位)」を開発している。PPPには、数cmの精度で正確に推定された測位衛星の軌道などが必要で、並行して複数GNSS対応高精度軌道時刻推定ツール「MADOCA」を開発している。

これまで、「みちびき」の実験用信号を経由してMADOCAプロダクトを配信していたため、「みちびき」が上空にある可視時間だけしか利用できなかった。今回開始したインターネット配信により、「みちびき」の可視時間に関係なく、MADOCAプロダクトを用いた高精度なリアルタイム測位やアプリケーション開発が行えるようになる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集