【フォード エコスポーツ 試乗】都会派SUVの新しい姿…山崎元裕

試乗記 輸入車

フォード エコスポーツ
  • フォード エコスポーツ
  • 山崎元裕氏とフォード エコスポーツ
  • フォード エコスポーツ
  • フォード エコスポーツ
  • フォード エコスポーツ
  • フォード エコスポーツ
  • フォード エコスポーツ
  • フォード エコスポーツ
ボディーサイズをコンパクトにすれば、結果的にSUVであっても、それは「エコ」で「スポーツ」なクルマになる。フォードの主張は、ネーミングから予想するに、こういうことなのだろう。ちなみにSUVというと、駆動方式は4WDと考えがちだが、日本仕様の『エコスポーツ』はFWD。最低地上高などで、SUVとしての機動性を確保する一方、都会派SUVの新しい姿を、フォードは提案してきたのだ。

スペアタイヤが備えられる関係から、大きく横開きとなるリアゲートは、実際の使い勝手ではやや不満が残る部分だったが、それを除けばエコスポーツの実用性は十分に高く評価できる。

装備レベルも満足できるレベルだが、フォード自慢の車載情報システム「SYNC」は、英語での音声操作を必要とすることなど、日本では操作性に問題がある。純正のビルトイン型ナビゲーションシステムが用意されていないのも気になる。ちなみにこれらの不満は、『フィエスタ』でも同様に言えること。

今後は日本仕様としての、さらに積極的なローカライズに期待したいところだが、そのためにはある程度のセールス実績は必要不可欠ということなのだろう。ディーラー網の拡充とともに、これからインポーターはその問題をいかに解決してくるのか。魅力的な製品を揃えるブランドだけに、日本市場で支持を得るための、さらなる企業努力に期待したい。

5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★


山崎元裕|モーター・ジャーナリスト(日本自動車ジャーナリスト協会会員)
1963年新潟市生まれ、青山学院大学理工学部機械工学科卒業。少年期にスーパーカーブームの洗礼を受け、大学で機械工学を学ぶことを決意。自動車雑誌編集部を経て、モーター・ジャーナリストとして独立する。現在でも、最も熱くなれるのは、スーパーカー&プレミアムカーの世界。それらのニューモデルが誕生するモーターショーという場所は、必ず自分自身で取材したいという徹底したポリシーを持つ。
《山崎 元裕》

編集部おすすめのニュース

特集