熊本市電「COCORO」、10月3日から営業運転

鉄道 企業動向

10月3日から営業運転を開始する「COCORO」の外観(上)と車内(下)の様子。JR九州の豪華寝台客車「ななつ星」などで知られる水戸岡鋭治さんがデザインした。
  • 10月3日から営業運転を開始する「COCORO」の外観(上)と車内(下)の様子。JR九州の豪華寝台客車「ななつ星」などで知られる水戸岡鋭治さんがデザインした。
  • 2009年から営業運転を開始した0800形の第1編成。「COCORO」は0800形の3編成目になる。
熊本市電の新しい電車「COCORO」が、このほど同市交通局に搬入された。10月から営業運転を開始する。

「COCORO」は超低床車両・0800形電車の第3編成。デザインはJR九州の豪華寝台客車「ななつ星」などをデザインした水戸岡鋭治さんが担当した。

交通局によると、車両は9月4日に搬入された。現在は10月3日からの営業運転に向け、試験・調整を行っている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集