4K普及に加速…ライカレンズでプロも納得画質のビデオカメラ

エンターテインメント 話題
パナソニック、デジタル4Kビデオカメラ HC-X1000
  • パナソニック、デジタル4Kビデオカメラ HC-X1000
パナソニックは、4K60p撮影に対応したデジタル4Kビデオカメラ HC-X1000を10月23日より発売する。

フルハイビジョンの4倍の解像度をもつ4K画質での撮影に対応し、4K60pのきめ細かい映像が1枚のSDカードに記録可能となっている。

4K60p記録を実現するため、高品位なレンズ、センサー、エンジンを搭載。レンズはライカの厳しい認証工程をクリアした「ライカディコマーレンズ」を採用、エンジンは4Kの膨大なデータを高速で演算処理できる「クリスタルエンジンPRO 4K」を搭載した。

また、多様な用途に適した撮影ができるよう、様々なビットレートに対応した記録モードを搭載している。24pのシネマ4Kモード記録やフルハイビジョン撮影時には200Mbpsオールイントラでのハイビットレート記録も可能だ。

加えて、2つのSDカードスロットにより大切なシーンを撮り逃さないバックグラウンド記録機能(フルハイビジョン撮影時)、三連マニュアルリング、2つのXLR音声端子(キャノン端子)の採用など、プロユーザーのニーズにも応える多数の撮影アシスト機能を搭載した。ボディは、機動性を損なわない軽量・コンパクト設計を実現している。

パナソニック、デジタル4Kビデオカメラ HC-X1000投入へ

《礒崎遼太郎@CycleStyle》

特集