【モスクワモーターショー14】日産 セントラ、余裕ある最低地上高と強化サスで不整地も考慮[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

日産・セントラ(モスクワモーターショー14)
  • 日産・セントラ(モスクワモーターショー14)
  • 日産・セントラ(モスクワモーターショー14)
  • 日産・セントラ(モスクワモーターショー14)
  • 日産・セントラ(モスクワモーターショー14)
  • 日産・セントラ(モスクワモーターショー14)
  • 日産・セントラ(モスクワモーターショー14)
  • 日産・セントラ(モスクワモーターショー14)
  • 日産・セントラ(モスクワモーターショー14)
日産自動車はモスクワモーターショー14で、中型セダン『セントラ』をロシア初公開した。

パワーユニットには最高出力117hp/6000rpm、最大トルク158Nm/4000rpmを発揮する1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載。トランスミッションには4ATと5MTの2種類を組み合わせた。

地方などでの不整地走行も考慮し、最低地上高は155mmと余裕を持たせ、加えてサスペンションも強化されたものを装備している。

なお、セントラはイジェフスクにあるアフトワズの工場で生産される。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集