常石造船、中国グループ会社が4万5400MTトン型ばら積み貨物船「ブナン・チャンピオン」を引渡し

船舶 企業動向
常石造船、中国グループ会社が建造した4万5400MT型ばら積み貨物船「ブナン・チャンピオン」
  • 常石造船、中国グループ会社が建造した4万5400MT型ばら積み貨物船「ブナン・チャンピオン」
  • 常石造船、中国グループ会社が建造した4万5400MT型ばら積み貨物船「ブナン・チャンピオン」
  • 常石造船、中国グループ会社が建造した4万5400MT型ばら積み貨物船「ブナン・チャンピオン」
常石造船は、中国グループ会社の常石集団(舟山)造船が、4万5400メトリックトン型ばら積み貨物船TESS45BOX「ブナン・チャンピオン」を竣工し、船主に引き渡した。

新造船は、常石造船が1990年代に累計69隻の建造実績を持つ4万5000トン型ばら積み貨物船TESS45の後継として、2011年に開発したTESS45BOXの2隻目。

TESS45より3メートル短い全長183メートルと、よりコンパクトなサイズで、柔軟に寄港地を組み合わせることが可能となる。新たに採用したボックスシェイプ(箱型貨物艙)で、ばら積み貨物のほか、パルプや鉄鋼製品の輸送にも対応できる汎用性の高い船型となっている。主機関は、1 セット・オブ・M.A.N.-B&W6S50MC-C8.2Typeディーゼル・エンジンを搭載する。航海速力は常用出力が14ノット。

ツネイシ・エコノミカル・スタンダード・シップ(TESS)シリーズ開発で培ってきた環境デバイスの投入で、燃費をTESS45よりも約13%向上させた省エネ船となっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース