出光興産、災害時の安定的な燃料供給体制を構築…中央配送管理センター発足

自動車 ビジネス 企業動向
出光興産は、10月1日から「中央配送管理センター」を新たに発足させ、業務を開始すると発表した。

災害時でも万全な燃料油供給体制を構築するため、東京と大阪に配置していた物流部東日本配送課(東京受注センター)と西日本配送課(大阪受注センター)を、同一執務場所に移転・統合、新たに東京都中央区新川に「中央配送管理センター」として発足する。

センターは、災害に強い立地・施設にあるが、万が一、首都直下地震などの発生で、センターの機能が停止し、停止期間の長期化が見込まれる場合、災害の影響がなく、東京から陸路で比較的近い地域に代替機能を設ける。

同社は、石油製品を安全、安定的に供給するため、石油製品の陸上物流について受注・配送の全国一元管理体制の構築を検討してきた。東日本大震災などで得た教訓をもとに、南海トラフ巨大地震・首都直下地震を想定、災害対応力の強化・充実を図るため、今回災害に強い立地・施設に移転し、東京での一元的な管理体制に再編することにしたもの。

また、今回の統合により、オーダー集中時や荒天時など配送環境が悪化した際、全国規模での柔軟な受注・配送調整を迅速に行えるようにし、安定供給力の強化を図った。

今後、石油製品の陸上物流での受注・配送の全国一元管理体制のもと、安定供給の遂行に努め、競争力のある物流体制を追求するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集