【ITS世界会議14】三菱重工、遠隔監視システムなど日本の技術力をアピール

自動車 テクノロジー ITS

三菱重工、ITS世界会議2014で料金自動収受機、遠隔監視システム、CN/GNSS利用課金システムなどを紹介
  • 三菱重工、ITS世界会議2014で料金自動収受機、遠隔監視システム、CN/GNSS利用課金システムなどを紹介
  • 三菱重工、ITS世界会議2014で料金自動収受機、遠隔監視システム、CN/GNSS利用課金システムなどを紹介
三菱重工業は、9月7~11日に米国デトロイトのコボ・センターで開催される「第21回ITS世界会議デトロイト2014」に出展すると発表した。

ブースには、日本の高速道路料金所に導入されている料金自動収受機や遠隔監視システム、測位衛星やセルラー通信網を使って道路課金を行うCN/GNSS利用課金システムなどを展示する。

また、論文発表では「GNSSベース課金システムの実用化」と「IDタグを利用したMLFF(マルチレーン・フリーフロー)課金システム」の2件を紹介する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集