東京メトロ、民営化10周年記念のキャンペーンを実施

鉄道 企業動向
東京メトロは創立10周年を記念した「ご愛顧感謝」のキャンペーンを実施する。写真は民営化後初の新形式車両として登場した10000系。
  • 東京メトロは創立10周年を記念した「ご愛顧感謝」のキャンペーンを実施する。写真は民営化後初の新形式車両として登場した10000系。
  • キャンペーンの第1弾が定期券利用者対象だが、第2弾の10周年記念一日乗車券は誰でも購入できる。
東京地下鉄(東京メトロ)は9月2日、創立10周年記念行事の一環として、定期券利用者を対象にした「東京メトロ“ご愛顧感謝”キャンペーン」を実施すると発表した。

10月1日時点で東京メトロの利用区間を含む定期券が対象。連絡定期券や他社局で購入した定期券も含む。同社の10周年記念特設ウェブサイトの応募フォームから定期券の券面データを登録するか、または駅で配布する応募用紙に定期券のコピーを貼り付けて郵送で応募すると、抽選で東京メトロの駅ビル・駅チカ商業施設の買物券や、都内の美術館・博物館などの入場券・割引券がセットになったチケットブック、東京タワーのペアチケットなどがプレゼントされる。

応募期間は9月10日から10月10日まで。ウェブサイトからの応募期限は10月10日23時59分、郵送の場合は10月10日必着となる。

このほか、10月10日からはキャンペーン企画の第2弾として、創立10周年のロゴをモチーフにした一日乗車券を2万枚限定で発売する。発売額は通常の一日乗車券より110円安い600円で、中野・西船橋・副都心線渋谷各駅を除く東京メトロ各駅の定期券売場で発売。有効期間は2015年3月31日までとなる。

現在の東京メトロは、国と東京都が出資していた帝都高速度交通営団(営団地下鉄)を民営化するために設立された東京の地下鉄運営会社で、2004年4月1日付で設立された。今年4月1日に10周年を迎えている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集