キャタピラー、ダンプトラック Cat 770/772 をフルモデルチェンジ

自動車 ビジネス 企業動向

Cat 770G ダンプトラック
  • Cat 770G ダンプトラック
キャタピラージャパンは、採石・鉱山における原石運搬や土木工事向け車両『Cat 770G ダンプトラック』を9月1日より発売する。また、同時に姉妹機である『772G』の受注を開始する。

今回発売するCat 770G ダンプトラック(最大積載量35.3トン)および受注開始するCat 772G ダンプトラック(最大積載量43.7トン)は、Cat 770およびCat 772のフルモデルチェンジ機。パワフルで低燃費なCat ACERTエンジン搭載により、オフロード法2014年基準をクリア(届出準備中)する環境性能を備えている。

また、2種類のエコノミーモードにより稼働現場や車両の状況に応じた省燃費運転が可能なほか、オートアイドルストップ機能により燃費性能を高めている。さらに、底板を厚くした新ベッセルや箱型断面構造のフレームなどにより、耐久性・信頼性を向上。このほか、室内幅を拡大し居住性を高めたキャブ内に、車両・稼働状況の確認・各種設定が行えるアドバイザリディスプレイやオートエアコン、パワーウィンドウ(左窓)、フットレストを装備するなど、優れたオペレータ環境・メンテナンス性を実現している。

価格(税別・工場渡し)は770Gが7012万円、772Gが8004万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集