NEC、東南アジアと米国本土を結ぶ大容量光海底ケーブルの建設契約を締結

自動車 ビジネス 企業動向

NECが受注した光海底ケーブル「SEA-US」の敷設マップ
  • NECが受注した光海底ケーブル「SEA-US」の敷設マップ
NECは、東南アジアと米国本土を結ぶ大容量光海底ケーブル「SEA-US」の建設請負契約を締結したと発表した。ケーブルの稼働開始時期は2016年の予定。

「SEA-US」は、フィリピン・インドネシアからグアム・ハワイを経由して米国本土まで総延長約1万5000kmの光海底ケーブルで、東南アジア・米国のグローバル通信事業者7社からなる「SEA-US」コンソーシアムとNECの間で建設契約を締結した。

ケーブルは、毎秒100ギガビット(100Gbps)となる最新の光波長多重方式に対応しており、最大容量毎秒20テラビット(20Tbps)の伝送が可能となる。

現在、東南アジアと米国を結ぶ国際通信の多くは日本を経由しているが、東南アジア経済の成長に伴って米国との通信容量が急増しており、遅延や回線の繋がりにくさが顕在化している。このため、両地域を直接結ぶ新たな大容量光海底ケーブルが求められていた。

「SEA-US」はこうしたニーズに応えるもので、東南アジア~米国本土間を直接結ぶ光海底ケーブルとしては最大の通信容量となり、今後も増加が予想される両地域間の通信需要に対応する。

NECは、過去30年以上にわたり海底ケーブルシステム事業を手掛ける海底ケーブルのトップベンダーで、地球5周分のべ20万kmを超える敷設実績があり、日本を含むアジア・太平洋地域で強みを持つ。今回の受注は、これまでの納入実績に加え、最先端の技術力、プロジェクト遂行力が高く評価された。

NECは今後も海底ケーブルシステムを含めた通信インフラ整備事業をグローバルに拡大していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集