新劇場版「頭文字D」 発表…片岡龍也監修で実車のリアルさとアニメの迫力を融合

モータースポーツ/エンタメ 映画
CGクリエイティブプロデューサーの松浦裕暁氏(サンジゲン)
  • CGクリエイティブプロデューサーの松浦裕暁氏(サンジゲン)
  • 左から土田大、中村悠一、宮野真守、小野大輔、白石稔
  • 新劇場版「頭文字D」Legend1 -覚醒- 完成披露試写会(8月2日、東京)
  • 新劇場版「頭文字D」Legend1 -覚醒- 完成披露試写会(8月2日、東京)
8月23日に全国公開される、しげの秀一原作『頭文字D』の新3部作第1弾『新劇場版「頭文字D」Legend1-覚醒-』。2日に行なわれた完成披露試写会では、実車映像とCGの融合による見どころについても語られた。

CGクリエイティブプロデューサーの松浦裕暁氏(サンジゲン)は、実車のリアルさとアニメらしさにこだわったという。

「一度、本当のクルマに近いモデルをつくっておき、シーンに応じて縮めたり、ゆがませたり、ねじったりした。そこで手描きのようなやわらかさが出て、マンガのような、アニメのような、そしてCGにも見える、不思議な味わいの画になった」(松浦氏)

ドリフトシーンなどは、グッドスマイルレーシングの片岡龍也氏が監修にあたり、プロドライバーの視点から100カットほど修正が入ったという。

「アニメ表現の迫力と、実際のドリフトのリアルさのさじ加減がいるが、迫力を出すためには誇張が必要。全体のバランスの中で監修者に納得してもらえた」(松浦氏)

また、エンジン音などは、実際に筑波サーキットにて劇中に登場するクルマたちを集めて録音が行なわれた。松浦氏は、「まるで音に合わせて画をつくったかのうにきれいに、ダイナミックにはまったことに驚いた」と語っていた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

  • 新劇場版「頭文字D」発表…好きなシーンに中村悠一と土田大が“クルマ愛”語る 画像 新劇場版「頭文字D」発表…好きなシーンに中村悠一と土田大が“クルマ愛”語る
  • 新劇場版「頭文字D」 発表…小野大輔「なんでオレが溝落とし!?」 画像 新劇場版「頭文字D」 発表…小野大輔「なんでオレが溝落とし!?」
  • 新起用された宮野真守、“思春期丸出し”の拓海を演じる…新劇場版「頭文字D」8/23公開 画像 新起用された宮野真守、“思春期丸出し”の拓海を演じる…新劇場版「頭文字D」8/23公開
  • 「頭文字D」連載25周年記念ショップ、渋谷・梅田ロフトに登場 画像 「頭文字D」連載25周年記念ショップ、渋谷・梅田ロフトに登場

特集

おすすめのニュース