東洋紡、メキシコに販売会社を新設へ…自動車部品向け事業を強化

自動車 ビジネス 企業動向
東洋紡、メキシコ新会社が入居予定の事務所外観
  • 東洋紡、メキシコ新会社が入居予定の事務所外観
東洋紡は、自動車部品用の高機能樹脂(エンジニアリングプラスチック)事業を拡大するため、メキシコに販売会社を設立すると発表した。

同社の高機能樹脂事業はこれまで、自動車メーカーの海外展開に合わせて北米、中国、タイ、インドネシアへ販売拠点と現地生産・開発体制を整えてきた。

メキシコは、北米向け自動車の輸出拡大により、2012年の自動車生産台数が約300万台と世界8位。ホンダやマツダ、日産も生産能力を新・増設しており、2016年までには380万台まで拡大すると見込まれている。日系自動車メーカーからも、現地販売拠点設立の要望もあることから、メキシコに初めて販売拠点となる新会社を設立し、中米の自動車部品メーカーへの供給体制を構築する。

販売会社は「トーヨーボー・メキシコ」でケレタロ州ケレタロ市に今年10月設立する。資本金は1000メキシコペソ(約8000万円)。

新会社は、東洋紡グループの中米営業拠点として、中米地域での販売拡大を加速し、2020年には売上高20億円を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • フコク、メキシコ販売会社に増資して自動車部品などを製造する工場を新設 画像 フコク、メキシコ販売会社に増資して自動車部品などを製造する工場を新設
  • 日立オートモティブシステムズ、メキシコに自動車機器システムを製造する工場を新設へ 画像 日立オートモティブシステムズ、メキシコに自動車機器システムを製造する工場を新設へ
  • デンソー、メキシコの自動車部品生産拠点を拡充 画像 デンソー、メキシコの自動車部品生産拠点を拡充
  • 新素材をフル活用した未来カーを東洋紡が提案…オートモーティブワールド2019 画像 新素材をフル活用した未来カーを東洋紡が提案…オートモーティブワールド2019

特集

おすすめのニュース