クラシック・マセラティが増上寺に集結…マセラティ100周年[写真蔵]

自動車 ビジネス 国内マーケット
マセラティ・クアトロポルテ
  • マセラティ・クアトロポルテ
  • マセラティ・クアトロポルテ
  • マセラティ・クアトロポルテ
  • マセラティ・クアトロポルテ
  • マセラティ・クアトロポルテ
  • マセラティ・クアトロポルテ
  • マセラティ・A6 1500ピニンファリーナ
  • マセラティ・A6 1500ピニンファリーナ
1914年にマセラティ社が設立され、今年でちょうど100周年を迎えた。本国をはじめ、様々な国で行事が行われているが、日本でもマセラティ・ジャパンが、増上寺(東京都港区)で記念イベントを開催。そこには、戦後の歴代マセラティも集合した。

その展示車の中で、日本として最も注目すべき1台は、1963年にデビューした『クアトロポルテ』だ。当時の輸入元、新東洋企業が新車で輸入した1台で、名古屋の愛好家が長らく所有していたクルマだ。現オーナーも、新車当時の雰囲気をそのままに高性能サルーンを楽しんでいる。

マセラティ初の4ドアサルーン、クアトロポルテは、素晴らしい作りと高性能から、世界中の好事家が所有しており、日本にも複数台が輸入された。

他の展示車は、マセラティ初のロードカーとして、1947年にデビューした『A61500ピニンファリーナ』や、2プラス2クーペである『セブリング』。そして、2シーターの『ミストラル』(1962年)などの60年代のスポーツカーが登場。

そして、そこから少し新しい年代では、『ギブリ』のスパイダーモデルや、スーパーカー世代には懐かしい、1971年の『ボーラ』。3リットルV6ツインターボエンジンを搭載した『シャマル』や、マセラティ90周年記念モデルとして、180台が限定生産された『スパイダー90thアニバーサリー』が展示された。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • マセラティ100周年…名車がリレー、増上寺から清水寺への「御茶壷道中」 画像 マセラティ100周年…名車がリレー、増上寺から清水寺への「御茶壷道中」
  • マセラティ100周年、東京タワーをブルーにライトアップ…限定車発表も 画像 マセラティ100周年、東京タワーをブルーにライトアップ…限定車発表も
  • マセラティ100周年…めざすはポルシェか、躍進のイタリアンブランドの歴史 画像 マセラティ100周年…めざすはポルシェか、躍進のイタリアンブランドの歴史
  • マセラティ、100周年を記念して東京タワーをブルーにライトアップ…7月22日 画像 マセラティ、100周年を記念して東京タワーをブルーにライトアップ…7月22日

特集