【ホンダ VTR 改良新型】女性にも優しいローダウン仕様追加…万人に向けたモデルへ

モーターサイクル 新型車

ホンダ VTR Type LD
  • ホンダ VTR Type LD
  • ホンダ VTR(手前)Type LD(中)VTR-F(奥)
  • ホンダ VTR-F(左)VTR Type LD(右)
  • 左より、ホンダモーターサイクルジャパン 平出雄一氏、本田技術研究所 二輪R&Dセンター 清野高司氏、河村光哉氏
  • ホンダ VTR Type LD
  • ホンダ VTR Type LD
  • ホンダ VTR Type LD
  • ホンダ VTR Type LD
本田技研工業は7月18日、250ccネイキッドモデル『VTR』のを改良し発売。スタンダードに新色を追加するとともに、シリーズ初のローダウン仕様『VTR Type LD』も追加された。

VTRには、新規購入者やリターンライダーの他、女性ライダーが多いとのこと。ホンダモーターサイクルジャパン商品企画課の平出雄一チーフは「昨年度の購入者のうち約13%を女性が占めており、弊社の軽二輪ラインアップの中では女性の比率が一番高い」と説明する。

このデータからも、今回のローダウン仕様追加には、女性ユーザーの多さが関係している。開発責任者である、本田技術研究所二輪R&Dセンターの清野浩司氏は「VTRのお客様満足度を調べると、女性ユーザーから、足付き性についての満足度が低いことが分かった。男女合わせたデータを分析すると、特に身長160cm未満の方からの要望が多く、これらがきっかけとなってローダウン仕様の開発がスタートした」と話した。

このローダウンは、単にシートを薄くする(俗に“アンコ抜き”と呼ばれる)するのではなく、シートはそのままに、従来のバイアスタイヤからラジアルタイヤへの変更による小径化、そして前後サスペンションのセッティング変更で実現している。

完成車のまとめを担当した二輪R&Dセンターの河村光哉氏は「今回のフロントフォーク20mm短縮化にあたって、新しい2段バネを採用した。高加重側の作動値設定を見直し、ライディング時に作動の違和感がないように設定、かつ減衰力も伸び側と圧縮側を広げることによって、ショートストロークでもしっかりとしたサスペンションフィールを実現できた」と語った。

VTR Type LDのシート高は740mm(スタンダードは755mm)となっている。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集