叡山電鉄、7月19日から「ハナヤマタ」入場券を発売

鉄道 企業動向
叡山電鉄の「ハナヤマタ」入場券のイメージ。D型券に主要キャラクターを描いた5種類が7月19日から発売される。
  • 叡山電鉄の「ハナヤマタ」入場券のイメージ。D型券に主要キャラクターを描いた5種類が7月19日から発売される。
  • このほど運行を開始した「ハナヤマタ」ヘッドマーク車両の722号。7月19日は八瀬比叡山口駅で展示される。
  • このほど運行を開始した「ハナヤマタ」ヘッドマーク車両の724号。7月19日は出町柳~八瀬比叡山口間で運用されるため、八瀬比叡山口駅で2両の「ハナヤマタ」ヘッドマーク車両の並びを見ることができる。
  • 修学院駅に掲出されている「ハナヤマタ」のポスター。
京都市左京区の叡山電鉄は7月19日から、芳文社の漫画雑誌「まんがタイムきららフォワード」で連載中の漫画「ハナヤマタ」との共同企画の一環として、「ハナヤマタ」の主要キャラクターを描いた入場券を発売する。

「ハナヤマタ」は浜弓場双さん原作の漫画。7月からはテレビアニメの放映も始まった。叡山電鉄はこれに伴い、700系電車2両(722・724号)に「ハナヤマタ」のキャラクターを描いたヘッドマークを取り付けて運転している。

入場券は出町柳・修学院・鞍馬3駅で計5種類を発売。いずれも縦3.0cm・横8.8cmのD型券となる。出町柳駅では「関谷なる」と「西御門多美」を描いた2種類セットを台紙付きで発売。修学院駅では「ハナ・N・フォンテーンスタンド」と「常盤真智」を描いた2種類を、鞍馬駅では「笹目ヤヤ」を描いた1種類を、それぞれ発売する。発売数は各800枚。

まず7月19日の9~11時、出町柳駅で台紙付きの全5種類セット(1050円)を限定100セットで発売し、12時からは通常発売となる。7月20日以降は出町柳・修学院両駅で初発から終発まで、鞍馬駅では10時から16時まで発売する。発売日の日付を入れて発売し、日付印のない状態では発売しない。また、購入に際してはシリアルナンバーを指定することはできない。

このほか、発売開始の7月19日には722号を10時30分から15時まで、八瀬比叡山口駅の2番線に展示する。724号も当日は出町柳~八瀬比叡山口間で運用するため、八瀬比叡山口駅で2両の「ハナヤマタ」ヘッドマーク車両の並びを見ることができる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 叡山電鉄、次は「ハナヤマタ」とコラボ…7月10日からヘッドマーク掲出 画像 叡山電鉄、次は「ハナヤマタ」とコラボ…7月10日からヘッドマーク掲出
  • 叡山電鉄、「悠久の風」号運転…車内に南部風鈴 画像 叡山電鉄、「悠久の風」号運転…車内に南部風鈴
  • 叡山電鉄、「ごちうさ」コラボ入場券発売 画像 叡山電鉄、「ごちうさ」コラボ入場券発売
  • 叡山電鉄、「ご注文はうさぎですか?」ヘッドマーク掲出 画像 叡山電鉄、「ご注文はうさぎですか?」ヘッドマーク掲出

特集