エアインディア、シンガポール路線にさらにドリームライナー型機を投入

シンガポール就航60周年を記念して、エアインディアが来月より新たなボーイング787型機ドリームライナーをシンガポール‐チェンナイ‐ムンバイ便に投入する。エコノミックタイムスが報じた。

エマージング・マーケット インド・南アジア
シンガポール就航60周年を記念して、エアインディアが来月より新たなボーイング787型機ドリームライナーをシンガポール‐チェンナイ‐ムンバイ便に投入する。エコノミックタイムスが報じた。

シンガポールからインドへ向かう乗客は増加しており、6月には搭乗率が90%を超えていた。

エアインディアは現在ボーイングB777型機とエアバスA321、A320、A319を含む125機を保有しており、今年3月20日にはドリームライナーをシンガポール‐デリー便で使用している。

また同社は先月スターアライアンスに加盟したこともあり、今後はヨーロッパ、アメリカ、中東の国々へのシームレスな接続が可能なネットワークを広げていく予定。
編集部

編集部おすすめのニュース

  • エアインディア、サービス向上のため客室乗務員の増員を検討 画像 エアインディア、サービス向上のため客室乗務員の増員を検討
  • エアインディア、デリーからローマ、ミラノへの直行便を就航 画像 エアインディア、デリーからローマ、ミラノへの直行便を就航
  • エアインディアと香港航空、コードシェア便を運航開始 画像 エアインディアと香港航空、コードシェア便を運航開始